若手の仕事紹介

若手の仕事紹介

こんにちは。(株)エコー建設コンサルタントの荻野と申します。

エコー建設コンサルタント荻野

私は平成22年に徳島大学 工学部 建設工学科を卒業し、当社に入社しました。現在、技術部 設計4課にて主任として勤務しています。

設計4課では、主に橋梁の設計していますが、4課に異動する前は道路を設計する課で勤務していました。

主担当として取り組んだ仕事紹介

震災があった時に利用する『避難路』と『退避スペース』を主担当として設計しました。
高速道路の側面を利用したこのような避難所が今増えつつあります。緊急時の避難に利用されるものですから、人の命をしっかりと守ることが出来なければなりません。

どのくらいの人数を収容するのか?お年寄りや子供でも避難しやすいかだろうか?自分がその場にいたとしたら?などを考えながら設計しました。
国との協議から参加し、地元住民からの要望で設置が決まったことを知りました。その不安を解消できるものを設計したいと思い、使命感を持って仕事を完成させることができました。

避難路 退避スペース

仕事のコツをご紹介

エコー建設コンサルタント荻野

耐震化など社会の変化に合わせて、建設コンサルタントの役割も増え、仕事も急増しています。その仕事量に対応できるように日々工夫をしています。私が心掛けていることは、じっくりと考えなければならない仕事なのか、考える要素の少ない仕事なのかを判断して、頭を使い分けています。

じっくりと考える仕事であれば時間を取り、あまり考えずに作業をすれば完成する仕事であれば集中して作業へ対応するようにしています。そうすることで、同じ時間でたくさんの仕事に対応することができますので、仕事を効率よくできるようになったと感じています。

今後の目標

建設コンサルタントに入社したからには、プロとして一流の仕事をしたいと思っています。
地図に残り、人の命を守る建設物の設計を手掛けることが目標です。
これからも1つ1つ仕事をマスターしていき、自分の目標に近づいていきたいと思っています。

メッセージ

当社の社員はフレンドリーな人が多いのが特徴です。新しく入社して頂いた方と、一緒に働き、先輩がしてくれたように優しく分かりやすい指導をしたいと思っています。
そして、仕事が終って一緒に飲みに行くことを楽しみにしています。

PAGETOP
Copyright © ECHO Co.,Ltd. All Rights Reserved.